大藤沙月

 卓球の全日本選手権第6日は1月18日、大阪府大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子ダブルスで福井県の大野市有終南小学校出身の大藤沙月(おおどう・さつき)=ミキハウスJSC、大阪・四天王寺中学校3年=と、福井国体で成年女子福井の初優勝に貢献した芝田沙季(ミキハウス)のペアが2年連続で準優勝した。

⇒【D刊】「完敗でした」大藤悔しさにじませ

 大藤、芝田組は準決勝で長崎美柚、木原美悠組(エリートアカデミー)に2ゲームを落としてから巻き返し3―2で逆転勝ち。前回と同じ顔合わせとなった決勝は、伊藤美誠、早田ひな組(スターツ、日本生命)に1―3で屈した。伊藤、早田組は3連覇。史上初の3年連続3種目制覇を目指す伊藤は混合ダブルスに続く2冠目を獲得した。

 男子ダブルスは三部航平、及川瑞基組(専修大学)が戸上、宮川昌大組(山口・野田学園高校)を下し、初優勝した。

関連記事