大学入試センター試験2020の地理Bの問題分析速報

 2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。地理歴史の地理Bの分析は次の通り。

地理歴史

【地理B】

 昨年同様、自然環境と自然災害、資源と産業、都市と村落が出題され、さらに東南アジアとオセアニアの地誌、中国とブラジルの比較地誌や、甲府盆地の地域調査が出題された。問題の構成は昨年と変化はないが、資源と産業の問題など知識で解ける問題が昨年より増え、思考力や判断力を必要とする問題はやや減少した。さらに地誌で扱われた地域や国も、受験生にとっては比較的なじみがあるため、昨年よりやや易しくなった。

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

◇…1日目と2日目の問題分析…◇

【外国語】

⇒英語の問題分析

⇒英語リスリングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

【公民】

⇒「現代社会」「倫理」の問題分析

⇒「政治・経済」「倫理、政治・経済」の問題分析

◇…2日目…◇

【理科1】

⇒物理基礎の問題分析

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

【数学1】

⇒数学Ⅰ・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒化学の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

関連記事