大学入試センター試験2020の日本史の問題分析速報

 2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。地理歴史の日本史Bの分析は次の通り。

地理歴史

【日本史B】

 大問数・設問数は昨年と同じであった。例年同様、今年もユニークなテーマの大問がいくつか見られた。例えば、第3問の中世の問題では、入浴と浴室の変遷から中世の社会を多角的に問うており、また、第6問の近現代の問題では、風刺漫画と権力の関係を取りあげていた。昨年出題がなかった図版の読み取り問題が復活するなど、総じて従来のセンター試験の傾向を踏襲したものであった。ただし、統計資料・地図を用いた問題はなかった。戦後史の設問は大幅に減少した。

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

◇…1日目と2日目の問題分析…◇

【外国語】

⇒英語の問題分析

⇒英語リスリングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

【公民】

⇒「現代社会」「倫理」の問題分析

⇒「政治・経済」「倫理、政治・経済」の問題分析

◇…2日目…◇

【理科1】

⇒物理基礎の問題分析

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

【数学1】

⇒数学Ⅰ・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒化学の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

関連記事