大学入試センター試験2020の世界史Bの問題分析速報

 2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。地理歴史の世界史Bの分析は次の通り。

地理歴史

【世界史B】

 昨年と同じく大問四題で、マーク数も三十六。新たな出題形式はなく、従来通りのオーソドックスな出題であった。現代史の出題の割合が昨年よりもさらに増え、第二次世界大戦後の歴史が著しく増加した。文化史の設問は、昨年と同じく分量が多かった。グラフを読み取る問題が昨年に続いて出されたが、事実上の年代問題であった。地図問題は、地名と場所の組合せ形式が一問出題された。難易度は、第二次世界大戦後の出題が増えたため、やや難化した。

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

◇…1日目と2日目の問題分析…◇

【外国語】

⇒英語の問題分析

⇒英語リスリングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

【公民】

⇒「現代社会」「倫理」の問題分析

⇒「政治・経済」「倫理、政治・経済」の問題分析

◇…2日目…◇

【理科1】

⇒物理基礎の問題分析

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

【数学1】

⇒数学Ⅰ・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒化学の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

関連記事