大学入試センター試験2020の「政治・経済」と「倫理、政治・経済」の問題分析速報

 2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。公民の「政治・経済」と「倫理、政治・経済」は次の通り。

公民

【政治・経済】

 大問数・設問数ともに昨年と同じ。取調べの可視化など時事的動向を意識した出題がみられた。消費者団体訴訟などの詳細な知識を広範囲にわたってさまざまな形式で問うている。また為替の仕組みなど、過去に出題された事項についての問題が再びみられた。

【倫理、政治・経済】

 倫理分野の設問数は昨年よりも一つ増えて十九、政治・経済分野は昨年と同じ十八。配点は昨年と同様、五十点ずつで、バランスのとれた構成。また、設問はすべて単独科目の「倫理」「政治・経済」と共通であった。取り組みやすい設問内容が中心となっている。

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

◇…1日目と2日目の問題分析…◇

【外国語】

⇒英語の問題分析

⇒英語リスリングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

【公民】

⇒「現代社会」「倫理」の問題分析

⇒「政治・経済」「倫理、政治・経済」の問題分析

◇…2日目…◇

【理科1】

⇒物理基礎の問題分析

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

【数学1】

⇒数学Ⅰ・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒化学の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

関連記事