河川に浮かぶ複合商業施設「タグボート大正」=18日、大阪市内

 飲食店経営のリタウン(大阪市)は18日、京セラドーム大阪近くの河川に浮かぶ複合商業施設「タグボート大正」(大阪市大正区)を一部開業した。今回は飲食店部分で今秋以降にホテル部分を開く。河川に浮かぶホテルは全国初になるという。

 タグボート大正の延べ床面積は約1600平方メートルで、ピザや天ぷらなどの飲食店が計16店入った。18日午前の開業直後にピザ店に入ると少し揺れを感じ、河川に浮かぶ雰囲気を味わえた。リタウンの松本篤社長は取材に「カフェやバーを設け、朝から夜まで楽しめる空間にした」と述べた。

 河川区域の商業利用が規制緩和され、大正区が業者を募集していた。

関連記事