【ワシントン共同】米主要メディアは17日、トランプ大統領(共和党)が上院での弾劾裁判を担当する自身の弁護団に、クリントン元大統領(民主党)の不倫もみ消し疑惑を捜査したスター元特別検察官や著名弁護士を加えたと伝えた。21日からの本格審議入りを前に弁護態勢を整え、11月の大統領選をにらみ、民主党との全面対決に臨む。

 スター氏がまとめた捜査報告書を基に、クリントン氏は下院で弾劾訴追され1999年に弾劾裁判にかけられた。トランプ氏には疑惑を追及する側から弾劾を知り尽くしたスター氏への期待があるとみられる。

 米メディアによると、弁護団は7人で構成される。

関連記事