2019年1月のセンター試験の模様=福井県福井市の福井大学文京キャンパス

 2020年1月18日、19日に全国一斉に行われる大学入試センター試験。体調に万全を期して試験に臨みたいが、インフルエンザやノロウイルスに感染して受験できないケースもある。また、体調不良だけでなく、事故や交通機関のトラブルに見舞われて会場へ行けない恐れもある。そんな時のためにあるのが、追試験・再試験だ。試験の対象者や日程、難易度を詳しく解説したい。

追試験と再試験の対象者

 まず、追試験と再試験の違いを確認する。

 受験案内を見ると、追試験の対象者は

▽疾病(インフルエンザ、ノロウイルス、風邪などを含む)、負傷により試験を受験できない者

▽試験場に向かう途中の事故により試験を受験できない者

▽その他やむを得ない事由(両親らの危篤・死亡、自宅の火災など)により試験を受験できない者

 とある。

 一方、再試験については「雪、地震などによる災害、試験実施上の事故、そのほかの事情により、本試験が所定の期日に実施できない、または完了しなかった場合のみ実施する」とある。

 平たく言えば、受験者個人に受験できない原因がある場合は追試験、自然災害や会場側のトラブルなど受験できない原因が外的な場合は再試験となる。

追試験・再試験の日程

 受験案内によると、追試験・再試験の日程は2020年1月25日(土曜)、26日(日曜)。ただし再試験の実施が両日中に不可能な場合は、後日の実施となり、追試験も同時に行うことになる。

⇒「センター試験2020特集」はこちら

 追試験の会場は原則として全国を2地区に分け、地区ごとに1カ所設定される。地区それぞれの試験場は、受験票などを送付する際に同封する「受験場の注意」に明示される。

本試験と追試験・再試験の難易度

 試験問題は追試験、再試験とも同一。

 難易度については、追試験・再試験は本試験より高く設定されているとしばしば言われているが、大学入試センターによると「難易度は同一」。平均点が同じになるような出題になっているという。追試験・再試験の平均点は、受験者数が少ないことから科目によっては個人の得点が特定されてしまう恐れがあるため公開されていない。そのため、本試験と追試験・再試験の難易度が同じであることをデータで示すことはできない。

 再試験、追試験の再試験、追試験はない。

関連記事