2020年度の福井県内の私立高校の推薦出願結果とスポーツ・文化選抜出願結果

 福井県内の私立高校6校の2020年度の推薦入試とスポーツ・文化選抜の出願が1月15日締め切られた。推薦入試は2日間で計698人が出願し募集591人に対する倍率は1・18倍(前年度0・93倍)、スポーツ・文化選抜は489人で募集339人に対して1・44倍(同1・35倍)となり、倍率はともに前年度を上回った。推薦入試が1倍を超えるのは2年ぶり。

 推薦入試は、全日制の福井工大福井(募集126人)に新たに55人が出願し計162人。仁愛女子と敦賀気比は、それぞれ1人増えた。北陸、啓新、定時制の福井南に新たな出願はなかった。

 自己推薦によるスポーツ・文化選抜の新たな出願者は、北陸が1人、福井工大福井3人、仁愛女子2人、敦賀気比3人だった。

 21日に面接や学力検査があり、23日に各中学校長を通じて合否が伝えられる。

関連記事