老舗料亭のおかみ・栗田もも乃さん=福井県鯖江市

 福井県鯖江市中心市街地に店を構える老舗料亭「御殿當田屋」のおかみ、栗田もも乃さん(23)。女子高生がまちづくりに携わる鯖江市役所JK課の1期生として活動し、2019年は卒業生によるJKOG課を発足するなど地元愛は深い。「鯖江市民はパワーがすごい。東京五輪をきっかけにまた盛り上がりたい」と意気込む。

 料亭の一人娘だった栗田さんは福井高専を卒業した17年春、県内のアパレル企業に就職した。しかし母佳子さんががんで倒れ、18年1月いっぱいで退社。調理師学校に通ったり芸事を習ったりと、おかみ修業に励んだ。

 19年は正式におかみを継いだほか、JKOG課も結成し、大きな変化があった。「店も、まちも盛り上げていこう」と気合を入れ直したタイミングで、聖火ランナーに迷わず応募した。ただ文化系の部活動だったこともあり、運動は得意でない。「春になったら練習しないと。選ばれなかった人の分まで精いっぱい走りたい」と力強く誓った。

関連記事