記者会見する菅官房長官=10日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相が11〜15日の日程で、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を訪問すると発表した。各国首脳と米イラン関係を巡って意見交換し、緊張緩和に向けた連携を図る。海上自衛隊の中東派遣についても理解を求める考えだ。

 菅氏は「事態のさらなるエスカレーションを避けるため、わが国の外交努力の一環として、地域の緊張緩和と情勢の安定化に重要な役割を果たす」と強調した。

 政府はイランによる米軍駐留基地への攻撃を受けて延期を検討したが、トランプ米大統領が軍事的報復をしないと表明したことから訪問を決めた。

関連記事