冬休みの宿題を掲げ、元気な笑顔を見せる児童たち=1月8日、福井県高浜町和田小学校

 福井県内全ての小中高校と特別支援学校で1月8日、3学期の始業式や冬休み明けの授業が行われた。同級生らと再会した子どもたちは笑顔で冬休みの思い出を話し、新年の抱負を披露していた。

⇒【写真】新年も頑張るぞ!

 高浜町和田小学校では雨の中、児童たちが「おはようございます」と先生たちに大きな声であいさつしながら登校し、校舎に児童の元気な声が戻ってきた。始業式では全校児童130人を前に、平田克明校長が「目標に向かってどんなふうに頑張るか抱負を持って3学期、新たな一年を過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 4年生の教室では、児童が宿題の「冬休みの友」などを提出。冬休み中に「温泉に行った」「おみくじを引いて大吉だった」とにこやかに報告した。目標もそれぞれ披露し「自信を持って話せるように大きな声を出す」「英語が話せるように頑張りたい」と力強かった。

関連記事