気比神宮の大鳥居や中池見湿地などが描かれた敦賀信用金庫本店南側の装飾=福井県敦賀市本町1丁目

 福井県敦賀市本町1丁目の敦賀信用金庫本店のシャッターに、市内の観光地や特産品を紹介するチョークアートの大型装飾が登場し、歩行者の目を引いている。

 2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向けたまちづくりに協力しようと同信金が初めて企画し、12月中旬に設置した。国道8号に面した南北の出入り口のシャッターに、ともに縦横3メートルの2種類を描いた。

 デザインは同市のチョークアート作家、石丸智恵さんに依頼した。気比神宮の大鳥居や水島、中池見湿地、赤レンガ倉庫、フェリーターミナルの夜景といった市内の名所のほか、敦賀ふぐ、東浦みかん、おぼろ昆布のおにぎりなどの特産品を色鮮やかにPRしている。

 本店周辺の国道8号は、2車線化と歩行空間づくりの工事が進んでおり、同信金の梅田貢常務理事は「商店街の一員として敦賀の観光をPRしていく。敦賀を訪れる多くの人に見てほしい」と話している。

関連記事