福井県教育委員会が入る福井県庁=福井県福井市大手3丁目

 福井県教育委員会は公立学校教職員の2020年度採用で、介護などを理由に過去10年以内に退職した元教職員を再採用する選考試験を初めて行う。一般の選考とは別枠を設けることで、介護を終えて生活が落ち着いた元教員の復職につなげていく。志願書などの受け付けは1月6~24日(当日消印有効)。

 教員の介護休暇は通算6カ月以内で、長引く場合は退職しなければならない。県教委によると、年間2、3人ほどが介護を理由に退職しているという。

 新設した再採用制度は、かつて県内で教諭や養護教諭、栄養教諭、学校栄養職員、実習助手、寄宿舎指導員、校務員として勤務し、介護を理由に退職した人が対象。09年度以降に退職し、20年4月1日時点で60歳未満などの条件がある。

 選考は2月7日。選考方法は一般の採用と異なり、個別面接と健康診断の結果を基に適性をみる。採用人数は若干名。県学校振興課のホームページから受験申込書をダウンロードし、同課に郵送する。

 同課の担当者は「再採用は試験的な措置。今回の応募状況を見ながら、次年度以降の募集方法を考えていきたい」と話している。

 選考に関する問い合わせは同課=電話0776(20)0565(平日午前8時半~午後5時15分)。

関連記事