若狭東―佐賀工 前半、突進する若狭東・三嶋大揮=12月30日、花園

 第99回全国高校ラグビー大会第3日は12月30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、4大会連続31度目出場の若狭東(福井)は38年連続48度目出場のシード佐賀工業に0-97で敗れた。第60回大会以来の3回戦進出はならなかった。

 若狭東は前半、重量級をそろえる相手FW陣と両ウイングに猛攻を浴びて7トライを奪われ、0-45で折り返した。後半は2人がかりのタックルなどで食らいつくも、セットプレーを支配されて8トライを許した。

 連覇を狙う大阪桐蔭など16校が3回戦に進んだ。第4日の1月1日に8試合が行われる。

 【評】若狭東は相手のパワーと速さに圧倒され、計15トライを喫した。攻撃の突破口を見いだせず得点を奪えなかった。

 前半2分、佐賀工の右ウイングに先制点を許す。その後も個人技で守備の間を突破され、カバーに入ったところをパスで突かれる展開を繰り返した。後半には警戒していたモールでトライを献上。相手のロングキックの後にラインアウトでボールを奪われる場面が目立ち、終始押し込まれた。

 若狭東は組織的守備で対抗。自陣深くで相手ボールを押さえ込むジャッカルを決めるなど見せ場もつくった。

関連記事