12月31日午後9時の予想天気図(気象庁ホームページより)

 気象庁は12月30日、前線を伴った低気圧の影響で、北日本の日本海側を中心に31日から1月1日にかけ、暴風や猛吹雪となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。福井県では31日、寒冷前線が通過し強い冬型の気圧配置となる見込み。このため、雨で夕方から次第に雪となり、明け方まで雷を伴う所があるとしている。

 気象庁によると、前線を伴う低気圧が31日朝にかけ急速に発達し、日本海からサハリン付近を北東に進む。そこへ暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が非常に不安定になり、北日本では落雷や竜巻などの突風、ひょうに注意が必要だ。

 前線通過後の31日午後からは冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空約1500メートルへ氷点下12度以下の寒気が流入。雪を伴って非常に強い風が吹き、海がしける。猛吹雪や雪の吹きだまりによって交通に障害が出る可能性がある。

 31日に予想されるのは、最大風速(最大瞬間風速)が北海道23メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)。波が北海道、東北5メートル。

 1月1日に予想されるのは、最大風速(最大瞬間風速)が北海道20~24メートル(30~40メートル)。波が北海道、東北4~5メートル。

関連記事