接客コンテストで全国優勝した城野茜さん=福井県鯖江市のコメダ珈琲店鯖江店

 全国47都道府県で約850店舗を展開する喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」に勤める従業員約2万人を対象とした接客コンテストがこのほど愛知県名古屋市内で行われ、福井県鯖江市の鯖江店店長代理、城野茜さん(36)が初優勝を果たした。昨年3位だった城野さんは「優勝が夢だったので感無量」と喜んでいる。

 コンテストは今回が2回目で、各店舗での1次審査と地区大会を勝ち抜いた10人が出場した。顧客からの問い合わせやクレームへの対応を中心とした6分間の接客シミュレーションと、1分間スピーチで競った。

 城野さんは「サンドイッチに卵の殻が入っていた」との指摘を受けた、という設定で臨んだ。謝罪だけで済まさず、顧客のけがの具合なども確認した点が高く評価され、1位となった。

 外部有識者を含む審査員からは「昨年は元気いっぱいという感じの接客だったが、今年は円熟味が増した」との講評を受けた。城野さんは「前回悔しい思いをしたが、今回は審査員一致の順位と聞いてうれしかった」と喜んだ。

 鯖江店をフランチャイズ運営する飲食業のアモーレながすぎ(本社鯖江市)が展開する別業態の店舗へ応援に入ることもあり、「さまざまなお客さまと接する中で経験を積ませてもらった」と城野さん。「(業界で)接客業務の機械化が進んでいるが、大好きな接客でこれからもフルサービスのもてなしを大切にしたい」と話した。

関連記事