初詣の練習を終えて帰るペンギンたち=12月26日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の越前松島水族館で12月26日、ペンギンたちによる初詣の練習が始まった。一列になって愛らしく行進し、ミニチュアの神社で無事に“参拝”した。

⇒【写真複数】拝殿で“参拝”するペンギン

 午前中は体長約90センチのオウサマペンギン8羽が練習した。ぺんぎん館を出発した“一行”は、家族連れやカップルが「かわいいなあ」と見守る中、右を見たり左を見たりし、ひょこひょこと行進した。

 30メートル先にある鳥居をくぐり、ぺんぎん神社が設けられた芝生広場に到着。みんなが毛づくろいにいそしむ中、1羽が拝殿前の階段を上り、こうべを垂れて見事に鈴を鳴らした。

 初詣は練習、本番を含め1月13日まで毎日行う。オウサマペンギンは午前11時20分からと午後3時10分から、フンボルトペンギンは午後1時20分から。

関連記事