インターハイに続くウインターカップ決勝進出を目指す男子北陸高校=福井県福井市の同校

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)第4日は12月26日、東京都の調布市武蔵野の森総合スポーツプラザなどで男子3回戦を行い、福井県の北陸高校は八王子学園八王子高校(東京)に勝利し、準々決勝進出を決めた。

 2回戦から登場した北陸高校は長崎県立長崎西高校に82-79で勝利し、3回戦に進出。一方の八王子学園八王子高校は1回戦で高山西高校(岐阜)に77-64で勝利。2回戦は羽黒高校(山形)を84-56で下し、波に乗って3回戦を迎えた。

 3回戦、北陸高校はインターハイ準優勝の実力をそのままに第1クオーターで16-11とすると、第2クオーターを21-16で終え、10点リードで試合を折り返した。56-47で迎えた第4クオーターも北陸高校は盤石な試合運びでリードを広げ、勝利をものにした。

 北陸高校は12月27日、準々決勝で明成高校(宮城)と対戦する。

関連記事