福井県の総合ニュースサイト


福井新聞ミニコンサートシリーズ ちょっと素敵な音楽会

主催:

協賛:
 福井新聞社が、県内外の音楽家の方々を招いて毎月開催している「ちょっと素敵な音楽会」。多彩なラインナップ をお気軽にお楽しみいただきます。

2017年1月〜6月のご案内

会場:福井新聞社・風の森ホール
時間:18:30開場、19:00開演
料金:1,600円(全席自由) ※5月のスペシャル公演は2,100円
※ドリンク・プチケーキ付              

    1月 2月  3月 4月 5月 6月
■1/27(金)「ピアノ&エレクトーンデュオ フェリチータコンサート」
出演:フェリチータ

 1月27日は、福井市の電子オルガン奏者、伊藤加奈さんと、ピアノ奏者の福田美穂さんのデュオ「フェリチータ」が、クラシックやジャズなどの親しみ深い名曲を、軽快に、またしっとりと奏でる。
 2人は仁愛女子高音楽科時代の同級生。伊藤さんは仁愛女子短大電子オルガン専攻課程を修了し、現在は音楽教室の講師。福田さんは武蔵野音大ピアノ科卒業。福井工大福井高の非常勤講師を務めている。
 フェリチータはイタリア語で「幸福」という意味。聴く人を幸せにしたいという願いが託されている。曲目は「威風堂々」「ヴァイオリンソナタ 春」「A列車で行こう」「故郷」などで、後半では福井市のサックス奏者、武田幸夫さんがゲスト出演する予定。


■2/17(金)「Smooth Soul & Funky Night」
出演:JB ORGA BAND

 2月17日は嶺北在住のメンバーによる「JB ORGA BAND(ジェイビー オルガ バンド)」がバラード、ソウルからロック、ファンクまで幅広い楽曲を熟練のテクニックで披露する。
 ボーカルなどを担う鯖江市の植田薫さんと勝山市のギター奏者、中山邦彦さんにキーボード、ベース、ドラムを加えた5人のバンド。植田さんは武生商高吹奏楽部の顧問を務めており、指導者としても有名。同バンドは2012年に結成し、「愛と平和」をテーマに1970年〜90年代のソウルやポップスを演奏し県内外で人気を博している。特にファンキーダンスナンバーは会場総立ちで盛り上がる。
 曲目は「Imagine」「September」「Georgy Porgy」など。

■3/17(金)「ファンタスティック☆マリンバ!! 〜打 empathy 特別編〜」

出演:Pulse Du

 3月17日は、福井市のマリンバ・打楽器奏者の平岡愛子さんと山崎智里さんのユニット「Pulse Du(パルス ドゥ)」が出演。ウクレレの荒川俊郎さんを交え、ワールドミュージックやクラシックを心温まるアレンジで奏でる。
 平岡さんと山崎さんは武生東高出身の先輩(平岡さん)と後輩(山崎さん)。ともに県内外でソロリサイタルやオーケストラとの共演など多彩に活動している。2011年にユニットを結成。「打 empathy」と銘打ち、毎回テーマを決めたコンサートを展開している。
 ジャズ、ポップスなど演奏ジャンルは多岐にわたり、アレンジに定評がある。前半はデュオで「Deperture」やクラシックを演奏。後半は荒川さんと共演し、アイルランド音楽などを披露する。



■4/21(金) 「トランペット&ピアノデュオコンサート 〜トランペットの展覧会〜」

出演:谷口佳奈香さん、白水大介さん

 4月21日は福井市出身のピアノ奏者、谷口佳奈香(かなこ)さんと、長崎市出身のトランペット奏者、白水(しろず)大介さんがクラシックの名曲を中心に華やかなアンサンブルを奏でる。
 谷口さんは京都市立芸大卒業後、2003年にドイツの国立ニュルンベルク音楽大に留学、独国家演奏家資格を取得し、同国内で数々の公演に出演。08年に帰国後はセントラル愛知交響楽団との共演や「越のルビー音楽祭」に出演している。白水さんは長崎大在学中の1998年に入団した関西フィルハーモニー管弦楽団のトップ奏者で、これまでに本県でも演奏している。
 当日はガーシュウィン「3つの前奏曲」、ヘンデル「調子のよい鍛冶屋」、ムソルグスキー「展覧会の絵」などを演奏。数種類のトランペットを舞台上に展示し、曲に合わせて吹き分ける。


■5/19(金)スペシャル公演「邦楽モダン 音 チ・カ・ラ」

出演:PANDORA&SUIZAN

 5月19日はスペシャル公演。福井市の尺八奏者、水井推山さんと、県内の和楽器奏者4人でつくるユニット「PANDORA&SUIZAN」が、しっとりと趣ある邦楽曲を響かせる。
 箏、十七弦、三弦は福井市の酒井みゆきさん、島嵜佐知恵さん、鯖江市の後藤佳奈さん、大野市の酒井裕美子さんが担当。2003年にユニットを立ち上げ「県内の邦楽レベルを上げよう」と活動を展開。洋楽器奏者との共演など、伝統を重んじながら和楽器の可能性と音色の広がりを追求してきた。小中学校での邦楽鑑賞会や体験指導にも精力的に取り組んでいる。
 宮城道雄作曲「花紅葉」や尺八の名曲「鶴の巣籠(すごもり)」、沢井忠夫作曲「陽炎」など聴き応えある邦楽を奏でる。


■6/16(金)「Life is Happiness 幸福の街福井に、ハピネスがやって来た!」

出演:ディキシーハピネス

 6月16日はジャズバンド「ディキシーハピネス」がスタンダードジャズやオリジナルナンバーで、楽しく陽気なステージを繰り広げる。
 同バンドは「ジャズの最初の形態」といわれるディキシーランドジャズを演奏しようと2010年、鯖江市のトランペット奏者、光家禎浩さんを中心に設立。メンバーはトロンボーン、クラリネット、チューバなど嶺北在住の7人。アットホームなパーティーやライブ、地域のイベントや祭りでの演奏など精力的に活動し、現在は初のCDアルバムの制作に取り組んでいる。
 当日の音楽会では「聖者が街にやって来た(聖者の行進)」「Life is Happiness」「ROYAL GARDEN BLUES」などを披露する。

チケットは各コンサートの前月の演奏会日から、福井新聞社読者センターにて発売。
サブタイトルや曲目、出演者などは変更になることがあります。

■プレイガイド■

福井新聞社読者センター:〒910-8552 福井市大和田2丁目801番地 TEL:0776(57)5140

■お問い合わせ■

福井新聞社事業局:〒910-8552 福井市大和田2丁目801番地 TEL:0776(57)5180



福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。