福井県の総合ニュースサイト


交流ゾーン「風の森」

県民・読者や地域にいっそう親しまれ、明るく開かれた新聞社に…。
そんな思いを込めて、交流ゾーン「風の森」を設けました。
ホール、ギャラリー、カフェや屋内外に配したアート群。
この空間をさまざまな樹木が包み込みます。
緑と陽光の中を、風がさわやかに流れ、人々が行き交う。
語らいや、やすらぎ、文化の場を提供いたします。

[風の森の意味]
「風」には、情報が行き交うことや、時代の流れの意味があり、「森」には、やすらぎの場と人々が集い合うイメージを表しました。本県出身の漢字学者、白川静氏からは「風の森」の揮毫(きごう)と解説をいただいています。白川氏は、「風」について、古くは神がその意を風に託して宣布したとして、「今でいえば、メディアである」と考察。そのうえで「この森は、その風の森である」と意味付け、メディアとしての福井新聞の役割に期待感を寄せています。この意味を深く自覚しながら、地域密着型の施設として多くの人々に広く利用していただきます。

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。