福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  ゆるパブコラム

補助金ゲットへ19歳女子が挑戦 プレゼンは緊張【ゆるパブ】

(2017年2月6日午前11時50分)

拡大 「ゆるい食堂」への補助金をもらうためのプレゼン。前の晩は緊張して3時間ほどしか寝られませんでした 「ゆるい食堂」への補助金をもらうためのプレゼン。前の晩は緊張して3時間ほどしか寝られませんでした


拡大 おかずをよそう子供 おかずをよそう子供


拡大 当日の料理 当日の料理


拡大 デザート争奪じゃんけん大会(お米の神様VS子供) デザート争奪じゃんけん大会(お米の神様VS子供)


 こんにちは!元鯖江市役所JK課の1期生で、現ゆるパブリックメンバーのくにっきーこと中本邦子です!

 みなさんは毎日ご飯を食べられることを当たり前だと思っていませんか?
 ここ、福井県は『日本一幸福な県』と言われているにも関わらず、この当たり前のことが当たり前じゃない人たちがたくさんいるのが現状です。

 そこで、鯖江市健康福祉センター「アイアイ鯖江」で月に3回ほど母子寡婦福祉連合会が行っている“ひとり親家庭学習支援事業”に合わせて「ゆるい食堂」を開催することにしました。規格外など理由で廃棄される食材を提供してもらい、無駄なく調理。それを、ひとり親の子供はもちろん、そうでない子供やその親、またスタッフなど対象者関係なく誰でも参加し楽しく食べます。

 このゆるい食堂は、今年度(平成28年度)の「鯖江市まちづくり事業基金」に申請しました。プレゼンによる審査に通らないと補助金がもらえず、当時19歳だった私に「プレゼンしてみない?」と声がかかりました。

 本を読むのも苦手で、国語も嫌いな私なのですが、何にでも挑戦してしまう性格で知らない間に「やります!」と答えていました(笑)

 語彙力、文章力がないので審査員の心に響く言葉がうまく見つけることができず、表現の仕方にものすごく苦労しました。でも食べたり料理をしたりすることが大好きなので、子供たちにご飯をみんなで食べる楽しさやご飯を食べることは幸せということを伝えたい!絶対成功させてみんなに喜んでもらいたい!という気持ちがだんだん大きくなりました。

 また、プレゼンが苦手なうえに、学校以外の場所で人の前に出て話すことが少ないので、自分でもどうなるかわからなかったのですが、いただいたチャンスをきっかけに新しい何かを見つけられたらいいなと思いたくさん練習しました。

 前日は緊張のあまり3時間ほどしか寝られませんでした。当日も終始緊張していてあまり記憶がないのですが、伝えたいことは伝えました。そして無事合格をいただきました。補助金をいただけたからこそ、こうやって第4回まで無事に終えることができたので、鯖江市にはすごく感謝しています。このプレゼンテーションを通して普段考えることのない鯖江の子供の現状や今後の課題などを改めて認識するとともに自分の気持ちを伝える大変さを実感できたいい機会になりました。

 初めはどうなるかわからないままスタートしましたが、回を重ねるごとに参加してくださる人たちも増え、顔見知りが増えました。美味しい!と言ってもらえたり、調理方法を学んだり世間話で盛り上がったりする中でゆるい食堂が人と人とのつながりの場になっていることに気が付きました。
 これからも食べる楽しさをみんなに伝えたいと思っています!
 ゆるい食堂へみなさんも是非遊びに来てください(^O^)/

 〜ゆるいスタッフ募集〜
 楽しく料理を作りましょう^^

 〜食材の提供者募集〜
 大きさや形が標準でない規格外のものや採れすぎて捨ててしまう食材(野菜・肉・魚介類などなんでもOK!)大大大募集します。

 興味のある方、食材を提供してくださる方はこちらまで↓
 連絡先:ゆるパブリック info@yurupub.org

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。