福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  スポーツ

女性警察官がサッカー1級審判に 福井県警白バイ隊の横田碧さん

(2016年3月23日午前7時10分)

拡大 女性1級審判員に与えられるゴールドワッペンを胸に、意気込む横田碧さん=福井県永平寺町内 女性1級審判員に与えられるゴールドワッペンを胸に、意気込む横田碧さん=福井県永平寺町内


 女子プロリーグ「なでしこリーグ」の主審を務めることができる日本サッカー協会の女子1級審判員に、横田碧さん(29)=福井市=が福井県内で初めて合格した。全国で46人しか持っていない難関資格をパスした才女は、県警交通機動隊の白バイ隊員。フェアプレーの使者として、ピッチの反則も厳しく取り締まる。

 小学1年でサッカーを始め、藤島高では3年間U―18県女子選抜入り。DFとして全日本女子ユース選手権を戦った。

 審判を志したのは、中学1年のとき。仲間と軽い気持ちで受けた4級審判員に合格した。「最初は頼まれて受験する感じだった」と横田さん。だが高校1年で3級、警察官になった2009年に2級とステップアップするにつれ「福井に審判が必要とされている」と使命感に駆り立てられていった。

 女子1級の実技試験では、全国中学校大会の主審を経験。「人の人生を左右するかもしれない大会」の重みをかみしめながら、平常心でジャッジ。北信越2人目の合格を果たした。

 白バイ隊14人中2人しかいない女性隊員。最初は取り扱いに苦労した300キロの大型バイクも、今では男性隊員も顔負けの腕前になった。主審なら1試合10キロ以上走る体力を維持する努力家ぶりは、業務にも生かされている。

 「自分の判断が勝敗やけが、交通事故につながるという責任感は審判も警察の仕事も同じ」。路上でも、ピッチでも、肝に銘じているのは「毅然と、穏やかに」という上司の嶋崎啓太副隊長の言葉だ。

 目標は2年後の福井国体。「地元の国体で主審を務められるだけの実力をつけたい」。大歓声のホームで、笛を吹く夢を見ている。

 》福井ミラクルエレファンツ 》高校野球特集 》サウルコス福井

 

 

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。