福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  社会

ユダヤ難民治療した看護師が判明 杉原千畝の命のビザで上陸後

(2016年3月5日午前7時15分)

拡大 ユダヤ難民上陸当時、産婦人科医院に勤めていた永井さん(右)=1943年、福井県敦賀市の現相生町にあった医院で(竹内桂一さん提供) ユダヤ難民上陸当時、産婦人科医院に勤めていた永井さん(右)=1943年、福井県敦賀市の現相生町にあった医院で(竹内桂一さん提供)


 第2次世界大戦中に敦賀港(福井県敦賀市)に上陸したユダヤ難民を治療した産婦人科医院の看護師が、敦賀市内で存命であることが関係者の調査で分かった。同市の永井(旧姓鳥居)つねさん(92)で、治療した旅館やユダヤ人の様子も覚えており、「子どもを亡くし、かわいそうだった」と当時を振り返っているという。

 ユダヤ難民はナチスドイツの迫害を逃れ、外交官、故杉原千畝氏の"命のビザ”を手に、1940〜41年に敦賀港に上陸。当時の市民は空腹の難民にリンゴを配ったり、銭湯を開放するなどして温かく受け入れた。

 産婦人科医のエピソードは41年6月の新聞が掲載。船上で流産し子どもを失った妻が、敦賀上陸後に治療を受け、夫は取材に「医師のすばらしいのに驚いた。上手なドイツ語にラテン語さえ知っている知識の深さ」「予想もせぬ好意に満ちた日本の取り扱い。このおかげで妻は命拾いをした」と答えている。

 産婦人科医は2012年、港近くで医院を開いていた竹内隆良さん(1985年没)との情報が、調査していた日本海地誌調査研究会に竹内さんの息子で産婦人科医の桂一さん(82)から寄せられた。同会の会員がことし1月詳しく調べ、ドイツ語の話せる医師は当時少なかったことや、桂一さんが、隆良さんが電話でドイツ語のやりとりをする様子を見ていたことを確認した。

 永井さんは隆良さんの医院に2人いた看護師の1人。現在、市内の福祉施設に入所中で、ユダヤ人について話していることを知った桂一さんが先月、聞き取りを行った。

 ユダヤ人夫妻が滞在していたのは、現在の本町1丁目にあった「小林別館」で、流産の処置に必要な器具を消毒し、隆良さんの往診に同行。聞き取りに対し「流産した子どもも、子どもを亡くした夫婦もかわいそうだった」と話し、今も当時のことが胸に残っている様子だったという。

 「当時、外国人の患者は少なく、特別な体験だったのだろう」と桂一さん。永井さんは現在、体調が優れないといい、「話を聞けてよかった。歴史は残すつもりがないと必ず消えていく。一般の人も、かつて敦賀市民が難民を温かく迎えた歴史を知ってほしい」と話している。

》福井のドクター相談室 》安全・安心・お助けサイト 》福井の原発ニュース

》福井新聞チラシの森 》福井新聞動画の森

 

 

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。