福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  社会

黄砂、史上最も遅く18日に飛来か 大陸では3月から砂塵嵐を観測

(2017年4月16日午前7時20分)

拡大 左図は15日午後9時の黄砂分布図。ゴビ砂漠の方面(画像左)に、18日ごろ日本に飛来すると予測されている黄砂がある。右図は18日午後9時の黄砂予測図。西日本への飛来が予測されている=いずれも気象庁ホームページより 左図は15日午後9時の黄砂分布図。ゴビ砂漠の方面(画像左)に、18日ごろ日本に飛来すると予測されている黄砂がある。右図は18日午後9時の黄砂予測図。西日本への飛来が予測されている=いずれも気象庁ホームページより


 例年3月末までには国内で初観測する黄砂が、今年は15日現在、国内59地点の全ての観測地点で観測されていない。1967年の統計開始以来、国内で初観測が最も遅かった72年の4月16日の記録に並ぶのはほぼ確実で、気象庁が本格的に飛来を予測する18日まで記録は伸びそうだ。

 黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠など中国大陸の乾燥地帯で舞い上がった砂が、上空の風で運ばれてくる現象。

 気象庁によると、中国、モンゴルの観測所では今年3月ごろから、砂やちりが激しく吹き上げられ、上空に舞い上がる「砂塵嵐(さじんあらし)」は何度か観測されている。日本に到来していない理由については、担当者は「大気の流れが、砂塵嵐の発生地から日本に向かっていなかったため」と説明する。

 気象庁は、「大陸では、強風などで砂が舞い上がりやすい状態が予測される」として、4月18日午後9時には福井県付近までの西日本に飛来すると予想している。

 月ごとの黄砂観測日数の平年値(全国59地点の統計)は、3月が6・9日、4月が9・0日、5月が4・1日。年間では24・2日で、3〜5月に約8割が集中している。

 福井での観測では、50年間で最も遅い初観測は2014年の5月28日。これまでに観測された日の合計は、3月が計43日、4月が計84日、5月が計35日で、3〜5月で92%を占めている。

》福井のドクター相談室 》安全・安心・お助けサイト 》福井の原発ニュース

》福井新聞チラシの森 》福井新聞動画の森

 

 

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。