福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  社会

福井含む全国で軽自動車車検ミス 設定誤り64万台が再検査対象

(2017年3月3日午前7時10分)

 軽自動車検査協会福井事務所(福井市浅水町)の車検に使う機器に検査基準値の設定ミスがあり、同協会が福井県内5万4千台超を対象に無料の再検査を呼び掛けていることが2日分かった。ブレーキの利き具合の判定が基準より緩く、同協会は基準を満たしていない車両が77台程度あると推定。ただ実証実験の結果から、機器による誤判定であっても路上での走行に安全上の問題はないとしている。

 設定ミスは全国16事務所の21カ所に及び、64万台が再検査対象となっている。同協会は「検査に対する信頼を著しく低下させるもので、重大なことと受け止めている」と陳謝している。普通車の車検を担う自動車技術総合機構でも同様の設定ミスが全国で発覚しているが、県内ではなかった。

 同協会によると、2014年1月までさかのぼり全国で調べたところ、ブレーキテスト用の機器で設定ミスが見つかった。入力数値を誤っていたり、検査日の天候による影響を考慮せずに設定したりする例があった。福井事務所では、車輪全体のブレーキの利き具合と、駐車ブレーキの利き具合でクリアすべき数値を誤っていた。

 過去の検査結果を基に、誤った数値と正しい数値の間で車検をパスしたとみられる車両の数を推計すると、77台ほどとみている。ただ、誤った数値でも走らせてブレーキをかける実験をしたところ、停止距離の基準は満たしていることを確認した。このため再検査は任意という。

 再検査対象は、14年1月から昨年11月17日までに同事務所で車検を受け、次の車検までの期間が残っている車両で、県内の軽自動車台数の2割弱。民間の自動車整備工場のうち、自社で検査する「指定工場」で車検を受けた車は対象外となっている。

 同協会は県内の対象車の使用者に2月以降、通知を郵送しているほか、再検査対象かを調べられる検索システムを月内に整備する。

》福井のドクター相談室 》安全・安心・お助けサイト 》福井の原発ニュース

》福井新聞チラシの森 》福井新聞動画の森

 

 

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。