福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  もんじゅ再開

もんじゅ落下装置引き抜き始まる 24日午前には作業完了か

(2011年6月23日午後8時55分)

 日本原子力研究開発機構は23日夜、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、原子炉容器内に落下した炉内中継装置の回収作業を始めた。器具に不具合が見つかるなど準備に手間取り、引き抜き開始は同日午後8時50分と大幅にずれ込んだ。順調に進めば24日午前には回収を終える見通し。

 回収が完了すれば、昨年8月の落下以来続いてきた、原子炉容器内に大型の構造物があるという異常な状態が約10カ月ぶりに解消される。今後、引き抜いた同装置本体を詳しく調べ、原子炉への影響などを評価。今秋には復旧作業を完了させたい考え。

 同装置は直径46センチ、長さ12メートルの円筒状の構造物で、重さは3・3トン。昨年8月、燃料交換を終えて搬出するため同装置をつり下げた際に落下した。2回にわたり回収を試みたが、落下の衝撃で変形し、引き抜けなかった。そのため、「スリーブ」と呼ばれる上ぶたの一部(約3・6トン)と一体で引き抜くことになった。

 引き抜きは当初、午後3時ごろに始まるとみられていたが、収納する容器下部にある筒からアルゴンガスが漏れていると判明。ゴム製の部品が破損しているのが分かり、準備作業を一時中断した。

 その後、作業を再開して、装置の引き抜きに着手。装置に付着したナトリウムが空気と触れないようにするため、炉上部に設置した耐熱性の化学繊維製のじゃばら式容器を少しずつ伸ばしながら、1分間に6センチのペースで引き抜き始めた。


【PR】高速増殖炉もんじゅとプルサーマル。核燃料サイクルの課題を追った2010年の大型連載を特別収録した電子書籍を発売中



【中継装置落下の経緯を振り返る】
≫中継装置落下、2010年8月26日の第一報
≫上部に傷発見も再度つり上げ支障なしと判断(2010年9月3日)
≫知事が文科、経産相との3者協議を要請(2010年10月23日)
≫知事が文科、経産相に調査チーム設置を要請(2010年10月25日)
≫つかみ具での引き抜きは不可能と判断(2010年11月9日)
≫上ぶた一部と一体で回収する方針示す(2010年11月17日)
≫3者協議開催、文科相「11年度内に40%試験」(2010年12月16日)
≫原子力機構、回収準備作業に着手(2011年2月22日)
≫運転再開から1年、試験工程に不透明感(2011年5月6日)
≫引き抜き作業へ保安検査開始(2011年5月23日)
≫引き抜きへ本格作業始まる(2011年5月24日)
≫回収の障害、炉上部の大型機器撤去始める(2011年5月30日)
≫大型機器撤去終了、新器具設置へ(2011年6月6日)
≫もんじゅ装置23日にも引き抜き 収納容器設置作業を公開(2011年6月22日)

≫その他のもんじゅ関連ニュースを読む

 

 

≫もんじゅは今〜ナトリウム漏れ事故から10年〜(2005年掲載記事)

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。