福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  原発

高浜原発30キロ圏内兵庫まで移動 初の3府県合同避難訓練8月27日に 

(2016年6月2日午後3時10分)

拡大 高浜、大飯原発の30キロ圏 高浜、大飯原発の30キロ圏


 関西電力高浜原発の30キロ圏に入る福井、京都、滋賀の3府県などが検討してきた合同の原子力防災訓練は、8月27日に行われる。西川一誠福井県知事が1日の記者会見で発表した。30キロ圏内の住民の県外避難を初めて検証する方針で、避難先の兵庫県まで実際に移動する訓練にするため、関係機関と調整している。

 また翌28日には、関電大飯原発での過酷事故を想定した福井県の原子力防災総合訓練を行うことも明らかにした。東京電力福島第1原発事故後、大飯原発周辺で行うのは初めてで、住民避難訓練などを検討している。

 高浜原発での事故を想定した訓練は、3府県と内閣府、関西広域連合が合同で開催。昨年12月の政府の原子力防災会議で同原発30キロ圏の広域避難計画が了承されたのを受け、訓練で実効性を検証する狙い。

 福井県によると、30キロ圏の小浜、高浜、おおい、若狭の4市町住民がバスやマイカーで兵庫県内の避難先まで逃げる訓練を行う方向で、受け入れ自治体などと調整中という。避難経路の途中で、車両などの放射能汚染検査(スクリーニング)や、甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の配布訓練を検討している。県内避難先に逃げる訓練も行う。

 自衛隊や海上保安庁の実動部隊も参加予定だが、事故想定や参加人数など詳細を関係機関と詰めている。

 大飯の訓練は県主催で行う予定。高浜とは違い、県境をまたぐ広域避難計画がまだ策定段階のため、30キロ圏住民が県内避難先へ移動する訓練などを検討し、京都、滋賀とも調整している。
 西川知事は2日連続で訓練を行うことについて「訓練の体制や意欲、違いなどが参加者の中でクリアになり、効果が上がる」と話し、検証に役立つと強調した。


 

【特集】動きだす2つの環 | 【特集】「原発マネー」40年 | 【特集】もんじゅは今(2005年掲載)

【記事】原発の行方 | 【記事】原発への対応 首長に聞く | 【記事】もんじゅ再開

過去の原発特集福島原発関連ニュース | 【リンク】福島第1原発リアルタイム映像(東京電力)

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。