福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  催し・文化

ぬいぐるみが持ち主向きの絵本選ぶ 桜木図書館が2月に企画

(2016年1月27日午後5時00分)

拡大 ぬいぐるみが「絵本を選んでいる」シーンなどを写真に収め、貸し出す本とともに子どもに渡す=福井市桜木図書館 ぬいぐるみが「絵本を選んでいる」シーンなどを写真に収め、貸し出す本とともに子どもに渡す=福井市桜木図書館


 子どものお気に入りのぬいぐるみが図書館にお泊まりし、持ち主に読ませたい絵本を選んで借りる―。そんな夢のある企画「ぬいぐるみのおとまり会」が2月20、21日、福井市桜木図書館で行われる。お泊まりの様子は写真に収め、貸し出す本とともに手渡す。同館では「子どもたちが、本や図書館に親しむきっかけになれば」とファンタジーの世界へいざなう。30日から参加者を募集する。

 アメリカの図書館で発祥、普及した催し。2010年に国立国会図書館が情報サイトで紹介し、国内でも徐々に広がっている。桜木図書館では、催しを題材にした絵本「ぬいぐるみおとまりかい」(岩崎書店)が14年8月に発行されたのをきっかけに、昨年2月に初めて実施した。

 お泊まり会では、子どもたちにお気に入りのぬいぐるみを持って来館してもらい、「ぬいぐるみおとまりかい」などぬいぐるみが登場する絵本の読み聞かせを行う。その後、司書が一人一人に▽ぬいぐるみはどんな子?▽本、食べ物、動物など好きなもの▽いつもしている遊び▽心配なこと▽将来の夢―をインタビュー。ぬいぐるみを“お昼寝させて”子どもたちは帰宅する。

 閉館後の夜、ぬいぐるみたちは持ち主に読ませたい絵本を探したり、普段は入れない倉庫で図書館の仕事を体験したりする、という設定。翌日、ぬいぐるみを迎えに来た子どもたちに、夜の図書館での様子を司書が撮影した写真と、ぬいぐるみが選んだ本としてお薦めの本を貸し出す。

 司書の木川真由美さんは「仲良しのぬいぐるみが、好きな本や持ち主の子のために選んだ本。愛着をもって読んでもらえる」と話す。「別れるときに涙ぐんだり、ぬいぐるみの母親のような気持ちで『いじめられないか心配』と話す子もいて、成長にもつながるのでは」とも。心配する子どものために、お世話係として大きなくまのぬいぐるみを用意する。

 対象は3歳から小学生で、定員は20人。事前申し込みが必要。30日午前10時から、窓口または電話で先着順に受け付ける。問い合わせ、申し込みは桜木図書館=電話0776(20)1530。

 

 

 》福井のグルメ、お出かけ、イベント情報サイト「ふうプラス」 

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。