福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  越山若水

越前市出身のかこさとしさんの絵本「どろぼ…

(2017年4月21日午前7時20分)

 【越山若水】越前市出身のかこさとしさんの絵本「どろぼうがっこう」は、初め紙芝居だった。B5判ほどの小さな用紙に黒一色の走り書きだったが、子どもたちは大喜びした▼大事なのは中身だと、かこさんは悟った。起承転結がちゃんとあり、人間がきっちり描けていること。だから、いまも話の骨組みづくりに8割を費やすという▼「それにしても『どろぼうがっこう』だなんて、非教育的だと思いませんか?」と、かこさんは近刊の「未来へのだるまちゃんへ」(文春文庫)で問い掛けている▼警官と泥棒に分かれて鬼ごっこをする遊びがある。子どもたちは万国共通、スリルがあって自由な泥棒になりたがる。つまり「それが子どもの自然」。でも、いずれは卒業する▼福岡市内の銀行支店前できのう白昼、会社員の男性が3人組に現金約3億8千万円を奪われた。その後、多額の金を国外に持ち出そうとしたとして韓国人らの身柄が確保された▼1968年の3億円事件の記憶が脳裏をかすめた。だが、あれは窃盗。これは凶悪な強盗。どちらも泥棒を卒業し損ねた悪ながら、より許し難い▼かこさんに倣い「それにしても」と言いたくなる。3億8千万円もの額なのになぜ現金でなければならなかったのだろう。3億円事件以来、多額の現金輸送の危険性が周知され、例えば給料も口座振り込みが主流になったはずだが…。

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。