福井県の総合ニュースサイト


全国の速報

福井のニュース  越山若水

春一番が吹くかもしれないと聞き、社外…

(2017年2月17日午前7時25分)

 【越山若水】春一番が吹くかもしれないと聞き、社外へ出てみた。空はまだ水色だが、日光がまばゆい。道端の雪がみるみる解けていくのが分かる。きのうは穏やかな日だった▼気に掛かっていたことがある。歩いてすぐの所に立つお地蔵さんである。笏谷石(しゃくだにいし)のほこらに守られているとはいえ、先日来の雪で障りがなければいいが…と▼何事もなかった。近所の民家の屋根には白いものが残るのに、ほこらは屋根も周囲の地面も乾いていた。雪の積もる先から、きっと誰かが払い落としたに違いない▼このお地蔵さんの存在は、実は数年前に県外から赴任してきた知人に教えられた。「いつも新しい花が飾られ、寒くなるとお地蔵さんは毛糸の帽子とショールを着せられてね」▼子どもの頃に聞いた「笠(かさ)地蔵」のようである。あれは、おとぎ話。貧しい老人が地蔵に雪よけの菅(すげ)笠をかぶせてやり恩返しをされた。一方、こちらは現実の、無償の行いである▼知人に言われなければ、お世話を続けている人の貴い心ばえに気付かずにいたかもしれない。仏教王国といわれるゆえんが足元に息づくことにも▼先のお地蔵さんは、ぷっくりと赤ちゃんのような頬をしてたたずんでいる。暗殺などという陰惨極まりないニュースに鬱々(うつうつ)となる心を、いっとき温めてくれる。どなたかは存じ上げないが、世話をされている人にお礼を申し上げたい。

福井のジャンル

福井新聞ご購読のお申し込み D刊お申し込み

ニュースランキング

弔電サービス「わたっくす」

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


[ スマホ版はこちら ]

〒910-8552 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。