幸福日本一ふくい、魅力いっぱいの福井です。

日本のおへそ、日本海側の中央に位置する福井県は、国内随一の恐竜化石の発掘地で、まさに「恐竜王国」です。恐竜は、隕石衝突による気温低下で絶滅したという説が有力で、その生きた時代もごく短いように思われがちですが、実は約1億6千万年もの間、地球上で繁栄しました。人類の歴史は諸説ありますが、わずか500〜600万年といわれます。恐竜は人類の約30倍も歴史を刻んだ生物なのです。奇しくも福井県は男女ともに全国長寿ランキングの上位にある「健康長寿」の県です。さらに、幸福度ランキングNO.1の県でもあります。そんな福井県の魅力の一端をご紹介します。


日本一の恐竜王国 福井には世界最大級の恐竜博物館がある

福井県勝山市にあるその名も「かつやま恐竜の森」。この緑の中に巨大な恐竜の卵のような形の福井県立恐竜博物館があります。世界的な建築家、故黒川紀章氏による設計の広大なドーム型展示室には、40体以上もの恐竜全身骨格標本が展示されています。福井県は恐竜化石の発掘量が全国一。日本オリジナルの恐竜として世界で新種と認められた恐竜4体のうち、実に3体までが福井県勝山市で発掘されています。日本で初めて命名された肉食恐竜"フクイラプトル(福井のどろぼう)"、イグアノドンの仲間である"フクイサウルス(福井のトカゲ)"、そして2010年に名前がついた"フクイティタン(福井の巨人)"。さらに、羽毛を持っていたと考えられる"ドロマエオサウルス類"の仲間も見つかっていて、近いうちに国内5体目の新種の恐竜となると考えられています。

もっと知りたい人は

県民の平均寿命が全国トップクラス

83.71歳―これは平成22年の福井県の平均寿命の男女平均で、福井県は全国2位に入っています。県民の平均寿命が全国トップクラスを維持しているのが福井県の特徴。食、環境、働く場、風土などが複雑に絡まっての結果でしょう。福井県が誇るこの「健康長寿」をブランドとして広く浸透させ、だれもが心身ともに健やかにくらすことのできる地域を目指そうと、県は福井県立大学に「健康長寿研究推進機構」を設置するなど、幅広い分野で研究・実践に取り組んでいます。

福井県の平均寿命の推移

男性女性男女平均
全国福井県順位 全国福井県順位 全国福井県順位
平成2年 76.0476.842 82.0782.3612 79.0679.604
平成7年 76.7077.512 83.2283.6312 79.9680.574
平成12年 77.7178.552 84.6285.392 81.1781.972
平成17年 78.7979.474 85.7586.2511 82.2782.864
平成22年 79.5980.473 86.3586.957 82.9783.712

(資料/平成25年2月発表の都道府県別生命表より)

もっと知りたい人は

「日本一幸せな県」と評価されています

この調査を実施したのは、日本総合研究所。
経済活動や社会活動を示す「基本指標」と、「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野、計65指標を使ってランク付け(※1)したところ、福井県は「仕事」「教育」で1位となり、総合順位でトップと評価されました。
また子育て世帯の移住者幸福度(※1)や、子どもの幸福度(※2)でも福井県が総合1位になっています。

※1.日本総合研究所 「全47都道府県幸福度ランキング2016年度版」
※2.慶応義塾大学 子どもの幸福度」研究プロジェクト(2014年12月発表)

日本総合研究所「全47都道府県幸福度ランキング2016年版」

〇総合ランキング

1位2位3位4位5位
2016 福井県
(34pt)
東京都
(28pt)
富山県
(22pt)
長野県
(21pt)
石川県
(19pt)
2014 福井
(32pt)
東京都
(30pt)
長野県
(24pt)
鳥取県
(18pt)
富山県
(18pt)
2013 長野県 東京都 福井県 富山県 滋賀県

〇分野別ランキング(2016)

分野福井県1位2位3位4位5位
教育 1位 福井県 鳥取県 富山県 秋田県 山口県
仕事 1位 福井県 愛知県 山口県 神奈川県 富山県
生活 7位 富山県 長野県 岐阜県 三重県 鳥取県
健康 13位 島根県 滋賀県 沖縄県 山梨県 静岡県
文化 42位 東京都 京都府 福岡県 北海道 千葉県

〇分野別ランキングの推移

 総合 
分野別指標
教育仕事生活健康文化
2016 1位 1位 1位 7位 13位 42位
2014 1位 1位 1位 3位 17位 38位
2013 3位 1位 1位 3位 16位 44位

〇移住幸福度ランキング(2016)

1位2位3位4位5位
子育て世帯 福井県 石川県 富山県 秋田県 山形県
シニア世帯 鳥取県 長野県 島根県 山梨県 福井

慶応義塾大学「子どもの幸福度」研究プロジェクト(2014年12月発表)

〇子供の幸福度

1位2位3位4位5位
福井県 富山県 秋田県 石川県 新潟県

至福の味覚、日本一の「越前がに」

冬の福井といえば、やはり「越前がに」。例年11月6日の解禁から3月下旬まで楽しめ、全国各地から味覚の王者を求めて多くの食通が訪れます。「越前がに」はオスのズワイガニのことで、メスはセイコガニと呼ばれます。それぞれ生息場所や成長過程が異なりますが、どちらも絶品といわれ高値で取引されるのは、やはり越前海岸沖で獲れるから。越前海岸沿岸は急深で、漁場(水深100m〜300m)は段々畑のような地形。魚やカニにとっては快適な環境があり、それが美味しさにつながっているといわれます。

もっと知りたい人は

身が引き締まった「若狭ふぐ」

約60年前からふぐの養殖に取り組み、とらふぐ生産量全国上位の実績を持つ福井県。若狭ふぐは、フグの中でも最高級とされるトラフグの、地元で丹念に孵化(うか)育成された稚魚を若狭湾で養殖または畜養したもの。沿岸域の潮流の早いところを好むトラフグにとって、若狭湾は潮の流れが絶好の環境。さらに春先の若狭湾は雪解け水が流れ込み、水温は低め。そのため他の地域以上に身が引き締まったフグが育つのです。フグは高たんぱくで低脂訪の白身魚の中でも、特に脂質が少なく、さらに生活習慣病の予防に効果的とされるタウリンやナイアシンなども含む健康食です。皮の部分にあるぷりぷりのコラーゲンは、美容にも効果大です。

もっと知りたい人は

豊かな大地、清らかな水が育む「こだわり米」

豊かな大地、清らかな水に恵まれた福井県は、古来より「越山(えつざん)若水(じゃくすい)」と呼ばれた食の宝庫。こだわり米は、そんな福井県内各地で生産された、無農薬や生き物を育む農法など、栽培方法に特色があるお米たちです。福井県は日本海に面した北陸地方の一番南側に位置しています。四季の移り変わりがはっきりした土地柄で、特に冬は降雪が多く、豪雪となる地域もあります。県の西側は日本海、東側は霊峰白山などの1,000mを越す山々、その間に平野が広がります。米は古文書では「光命(こめ)」と表記されたことがあるように、日本では特別な意昧を持つ穀物です。そんなお米を全国で一番多く食べる福井県。たくさん食べるだけではなく、味にもこだわりを持っています。美味しいお米として知られる“コシヒカリ”を生んだ「ふるさと」でもあります。昭和54年(1979年)以降は、作付面積全国1位を保持。さらに“コシヒカリ”の優れた遺伝子は新たな品種開発に欠かせない存在となり、“ひとめぼれ”や“あきたこまち”などへ受け継がれています。

もっと知りたい人は

若狭地方に伝わる冬の保存食「へしこ」

福井の冬の重要な保存食で、特に有名なのが若狭の鯖の「へしこ」。鯖を筆頭にイワシやニシン、フグなどを使用する「へしこ」は、江戸時代中頃が起源と伝えられます。新鮮な魚を水洗いし、塩漬けを経て糠漬けにします。そして待つこと1年、重石の下で塩と糠で熟成され、冬の若狭を感じさせる風味のある味が完成します。 年中食べることができますが、樽上げしたときが一番おいしいといわれています。へしこには、ヌカのビタミンによる新陳代謝活性化、青魚に含まれるDHAなどのほか、生鯖に比べ、2.5倍のアミノ酸、5倍ものペプチドが含まれ、血圧抑制にも大きな効果があり、健康食としても注目されています。  「へしこ」の名前の由来には、魚の胎内から浮き出した水分「ヒシオ(干潮)」がなまって「へしこ」に転じたという説と、若狭地方では木樽などにものを押しつけて入れ込むことを「へし込む」ということから、それがなまって「へしこ」になったという説の2説があります。

もっと知りたい人は

シンプルだから美味 「越前おろしそば」

健康長寿ふくいを代表する食文化「越前おろしそば」。そばに大根おろしやかつお節、ネギなどを添えただけのシンプルな料理ですが、その味は奥深く、最近では長寿食としても注目されています。「越前おろしそば」のおいしさは、玄そばの品質の高さに加え、県下のすべての製粉業者が昔ながらの石臼挽きを導入し、丁寧に時間をかけてそば粉を挽く、伝統の食文化に支えられています。県内には数多くのおろしそば自慢の店があり、それぞれ独自のこだわりがあり、福井人10人に「おいしいお店は?」と聞けば10通りの答えが返ってくるといわれるほどその味は奥深いのです。

もっと知りたい人は

もっと分かる 福井リンク集

  • 若狭湾観光連盟
  • 福井県観光情報HP
  • 福井県立恐竜博物館
  • 福井南青山291
  • 福井ふるさと百景
  • 地域ブランド
  • 福井県
  • 福井県嶺南振興局
  • 福井新聞ONLINE
  • ふうプラス