Ancient Egyptian
Art & Magic
ガンドゥール美術財団の至宝
Treasures from the Fondation Gandur pour l'Art, Geneva, Switzerland

- 日本初公開 -
■2015年
7/3【金】 -8/30【日】
福井県立美術館  世界屈指の古代エジプト美術コレクションで知られるスイスのガンドゥール美術財団の全面協力のもと、
「ヒエログリフの魔術」「素材の魔術」「色の魔術」をキーワードに、古代エジプト美術の魅力を紹介します。 約150点の出品作品すべてが日本初公開です。

上画像「マミーボード(ミイラに被せられた木製の蓋)」
© Fondation Gandur pour l'Art, Geneva, Switzerland. Photographer : Sandra Pointet

概要


 今から5000年以上も昔、アフリカ大陸を流れる大河ナイルの流域に誕生した古代エジプト王朝は、約3000年もの間、神の代理人であるファラオとそれをとりまくごく一部のエリート層の人々によって守られ発展しました。いかに強大な王権政治であったかは、いまも残る巨大なピラミッドや壮大な神殿からも想像にかたくありません。
 古代エジプト人ほど「永遠」という言葉を好んだ民族はいません。彼らがみずからの墓に残した石碑やレリーフ、彫刻、オブジェ、装飾品などには、死してなお、その命が永遠につづくことを渇望する人々の願いが刻まれているのです。

 本展は、世界屈指の古代エジプト美術コレクションをもつガンドゥール美術財団の全面協力のもと、石碑やレリーフ、さまざまな副葬品に刻まれたヒエログリフや図像のデザインを読み解き、そこに使われた素材や色から、魔術的な効用や意味を探ることができるように構成しました。
 「ヒエログリフの魔術」「素材の魔術」「色の魔術」をキーワードに、古代エジプト美術の魅力的で象徴的な特徴に焦点をあて、その魔術と神秘の扉を開きます。 約150点に及ぶ出品作品はすべて日本初公開です。

会  期:2015年7月3日(金)~8月30日(日)

休 館 日:7月21日(火)、8月3日(月)

会  場:福井県立美術館

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)7月3日(金)は午前10時~



第1章 ヒエログリフの魔術

The Magic of HIEROGLYPHS

 ヒエログリフとは、はるか昔、古代エジプト人があらゆることを書き残すために編み出した書記方法で、文字であり、記号の集まりです。その数は6000ほどとも言われ、当時の人々の身のまわりに実在する、目に見える事物(人や動物、植物、道具など)を記号にかたどっています。ヒエログリフには魔術的な力があり、やがて生命をもって動き出すと信じられました。
 第1章では、ヒエログリフのもつ魔術的な力を手がかりに、古代エジプト美術の神秘に迫ります。

第2章 素材の魔術

The Magic of MATERIALS

 古代エジプト人は死後の世界にそなえて、さまざまなものを墓に副葬しました。それらはやがて来世で実物のものとなり、死者の生活に役だつと考えられたので、そこに用いられる素材にもさまざまな魔術が込められました。例えば木材を副葬品にすれば、そこには生命力にあふれた植物と同様の力がそなわるとしました。鉱石や貴金属、半貴石など、エジプトの大地から生まれたあらゆる素材に意味が与えられました。
 第2章では、副葬品に用いられた素材とそこに込められた意味を解説し、作品を多角的に見てみます。

第3章 色の魔術

The Magic of COLOR

 古代エジプト美術を見て、その多様な色使いには驚かされますが、じつは彼らの色を表わす言葉は、「ワジ」(緑、青、藍、紫)、「ジェセール」(赤、オレンジ、黄)、「ヘジ」(白)、「ケメト」(黒)というように、たった4つしかありませんでした。それでも古代エジプト人たちは、それぞれの色にたくさんの意味をもたせました。例えば「ワジ」にはナイルや植物の「再生」を重ねており、緑や青で塗ると、そこには来世での復活への願いが込められました。
 第3章では、古代エジプト美術に使われた色の意味にも着目しながら、人々が込めた願いとは何だったのか、探っていきます。

ロバート・スティーブン・ビアンキ
(本展監修者、ガンドゥール美術財団 考古美術部門長)

主  催:古代エジプト美術の世界展実行委員会(福井県立美術館福井新聞社福井テレビ
後  援:スイス大使館、エジプト大使館 文化・教育・科学局、外務省石川テレビ富山テレビ
協  力:スイス インターナショナル エアラインズ日本航空、ハーシュ・トランスポート、日本通運、XL保険
監  修:ロバート・スティーヴン・ビアンキ
企画協力: アートプランニング レイ

Press Release in English


主な作品


①、③、⑤、⑩、⑫ © Fondation Gandur pour l'Art, Geneva, Switzerland. Photographer : Sandra Pointet
②、⑥、⑦、⑧、⑨、⑪ © Fondation Gandur pour l'Art, Geneva, Switzerland. Photographer : André Longchamp
④ © Fondation Gandur pour l'Art, Geneva, Switzerland. Photographer : Max Saber,Darwin Media,Ltd.
いずれも、ガンドゥール美術財団蔵

イベント


見どころ解説会 / 無料

開催日:7月3日(金)を除く会期中毎日 時間:午前10時30分~約10分間
※都合により中止になる場合があります.

音声ガイド / 500円

観覧料


観 覧 料

一般  : 1,400円(団体1,200円)
大・高生: 1,000円(団体800円)
中・小生: 700円(団体500円)
団体は20名以上。
学生の方は学生証の提示が必要です。
障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は半額。

半券を提示すると割引になります!

アクセス

福井県立美術館

〒910-0017 福井県福井市文京3丁目16-1
TEL:0776-25-0452
FAX:0776-25-0459

交通のご案内

  • 車 :JR福井駅(西口)より約10分。北陸自動車道・福井北ICより約15分。
    (無料駐車場有り・約120台、身障者用2台)
    ・福井北ICをご利用の場合は、福井北ICより国道416号線を西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。
    福井北IC周辺地図(Googleマップ内のページへ)
    ・国道8号線をご利用の場合は、「新保」交差点にて西に曲がっていただきますと国道416号線に入ります。そのまま西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。
    ・下記掲載の地図をご参照ください。
  • コミュニティバスすまいる : JR福井駅前(西口)、「福井駅北 フェニックスホテル」または「駅前商店街」のりばより、田原・文京方面線にて約10分。県立美術館前下車、徒歩0分。
  • 京福バス : JR福井駅前(西口)、10番のりばより、23、26系統・福井総合病院線にて約10分。藤島高校前にて下車、徒歩0分。※日曜日、祝日は運休
  • えちぜん鉄道 : 福井駅(JR福井駅東口すぐ)より、三国芦原線にて約10分。田原町駅下車、徒歩約10分。
  • 福井鉄道(福鉄) :福武線、 福井市役所前駅(JR福井駅西口から徒歩約5分)より、下り・田原町方面行きにて約5分。田原町駅下車、徒歩約10分。