福井新聞ミニコンサートシリーズ

ちょっと素敵な音楽会タイトル画像

福井新聞社が、県内外の音楽家の方々を招いて毎月開催している「ちょっと素敵な音楽会」。多彩なラインナップ をお気軽にお楽しみいただきます。

2018年1月~6月のご案内

会場:福井新聞社・風の森ホール
時間:18:30開場、19:00開演
料金:1,600円(全席自由) ※2、3月のスペシャル公演は2,100円
※ドリンク・ケーキ付

プレイガイド:福井新聞社読者センター 0776-57-5140
お問い合わせ:福井新聞社事業局  0776-57-5180

■1/19(金) 「the くらりねっと 其の二 クラリネット×箏+ピアノ÷2」

出演:中曽根有希

 1月19日はクラリネット、ピアノ奏者の中曽根有希さん(福井市)が出演。箏、ピアノ奏者の松村雅秀瑤(がしゅうよう)(郁代)さん(同市)との共演で、「春の海」をはじめクラシックや映画音楽を、クラリネットと箏、ピアノを自在に組み合わせて演奏する。
 中曽根さんは仁愛女子高音楽科、相愛大音楽学部卒。幼少の頃からピアノ、高校時代からクラリネットの研さんを積み、多くの和洋楽器と共演している。松村さんは仁愛女子高音楽科を経て仁愛女子短大音楽学科ピアノ専攻卒。母の永田雅秀(がしゅう)さんに4歳から箏の教授を受け、6歳からピアノを学んだ。
 当日は、福井市出身の千秋次郎さん作曲の「クラリネットと箏のための巷歌拾遺(こうかしゅうい)」や、ロドリーゴ(スペイン)のギター協奏曲「アランフェス協奏曲より」など10曲をトークを交え披露する。
 

■2/16(金) スペシャル公演「歌の花束」

出演:Chant Gilet Rouge

 2月16日は上半期スペシャル公演第1弾。仁愛女子短大音楽学科の教員と卒業生計6人でつくる声楽アンサンブルグループ「Chant Gilet Rouge(シャン・ジレ・ルージュ)」が登場。女声の重厚なハーモニーを響かせる。
 メンバーはソプラノの川﨑美砂子さん、坂本流美さん、メゾソプラノの坪田信子名誉教授、木津弘美さん、ピアニストの三崎素美さん、和田芳さん。2003年に結成し、来年に15周年を迎える。シャンソンや歌謡曲、童謡、唱歌、民謡まで幅広い分野のレパートリーがあり、音楽ホールを中心に学校や病院、福祉施設で活動してきた。
 前半は唱歌や童謡、後半はシャンソン、歌謡曲の魅力を伝えるプログラム。「花」「一本の鉛筆」「愛の讃歌」など約20曲を披露する。
 

■3/16(金) スペシャル公演「津軽の響き」

出演:佐藤壽治

 3月16日はスペシャル公演第2弾。2011年に津軽三味線日本一に輝いた佐藤壽治(としはる)さん(福井市)が「津軽の響き」と銘打ち、迫力ある音色と磨き上げた歌声を存分に披露する。
 佐藤さんは青森県黒石市生まれ。津軽民謡界の重鎮、2代目今重造(こんじゅうぞう)さんを父に持ち、4歳から福井で育った。幼少の頃から父の教育を受け、10歳で多くの先達と同じ舞台に立つまでに成長。現在は今さんが率いる「重造会」(福井市)の副会主を務め、全国各地で演奏会を開く傍ら、県内外7カ所の教室で後進の育成にも力を注いている。
 当日は、日本一決定戦で披露した「津軽じょんから節」をはじめ「津軽よされ節」「津軽あいや節」などを演奏する。
 

■4/20(金) 「唄・詩・歌を感じて part.2」

出演:ペチカ・SETSUの会アンサンブル

 4月20日は坂井市丸岡町出身の作曲家、今川節の作品を歌い継ぐ「ペチカ・SETSUの会アンサンブル」が出演。なじみの名曲や歌曲を声楽、ピアノ、フルート、チューバの編成で奏でる。
 今川節の没後60年に当たる1994年に結成。現在は約20人で構成し、毎年、坂井市で「城のまちコンサート」を開催。2008年には生誕100周年記念演奏会を開いた。
 同市出身のテノール歌手辻端幹彦さんをゲストに迎え、女声合唱団「まるおかローレル」もステージを盛り上げる。今川節の名曲「ペチカ」「波風あらぶる」などを披露。中野重治「さし木をする」や中野鈴子「鍬」の詩にメロディーを付けた曲も歌い上げる。
 

■5/18(金)「二本のフルートが織り成すちょっと素敵な夕べ」

出演:杉原夏海、経田耕一郎

 5月18日は鯖江市出身のフルート奏者、杉原夏海さんと、福井市出身の経田耕一郎さんのデュオ。横笛奏者福原一笛さん(坂井市)の門下生だった2人が、クラシックやディズニー音楽を息の合った美しい音色で披露する。
 杉原さんは小学生の頃からフルートを学び、高志高、東京芸大を卒業。東京を拠点に全国で演奏活動を展開し、和装フルート四重奏「宵待小町」のメンバーとしても活躍。今年の「ミス・ワールド日本大会」では特別賞を受賞した。経田さんは藤島高、大阪教育大を経て同大院修了。関西を中心に活動し、フルートをはじめ童謡コーラスの指導も担っている。
 1部は、ドップラー「アンダンテとロンド」などのクラシック、2部では「茶摘み」など唱歌やディズニー音楽を、福井市のピアニスト中野里美さんを交え演奏する。
 

■6/15(金)「モーツァルト&ベートーヴェン ウィーンの風は語る~青春の軌跡」

出演:山本ちひろ

 6月15日は大野市のピアニスト、山本ちひろさんがモーツァルト、ベートーベンの名曲を情感豊かに響かせる。
 山本さんは仁愛女子短大音楽学科演奏コースを卒業後、同短大の専攻科と地域活動実施センターディプロマコースを修了した。第64、67回県音楽コンクールピアノ部門大学・一般部門で県教委賞を受賞。2011年には県新人オーディションに合格した。現在はピアノ教室の講師を務めながら演奏活動に励んでいる。
 モーツァルト「ピアノソナタ第13番」「フランスの歌『ああ、お母さん聞いて』による12の変奏曲(きらきら星変奏曲)」や、ベートーベン「ピアノソナタ第31番」を独奏。同短大の寺尾敏幸名誉教授をゲストに迎え、モーツァルト「ピアノソナタハ長調」などを連弾で披露する。
 
あわせて読みたい