だるまちゃん50周年特別展

このエントリーをはてなブックマークに追加
「だるまちゃんとかみなりちゃん」の(下から)下絵、原画、印刷画が並ぶ特別展示

 越前市出身の絵本作家かこさとしさん(91)の代表作「だるまちゃん」シリーズの50周年を祝う特別展示が、同市かこさとしふるさと絵本館で開かれている。普段の展示にはない形で下絵や原画など24点を並べ、かこさんの緻密で入念な制作過程を紹介している。

 だるまちゃんシリーズは、だるまちゃんとその友だちが繰り広げる豊かな遊びの世界を描いている絵本。1967年発刊の「だるまちゃんとてんぐちゃん」以来、全8作が福音館書店(東京)から出版され、3世代にわたって親しまれている。


 特別展示は、夏休みに合わせ絵本館が21日から始めた。「だるまちゃんとかみなりちゃん」(68年)の中から五つの場面を抽出し、印刷画(絵本)と複製の原画、下絵の3枚をワンセットにして並べている。


 かみなりちゃんが、だるまちゃんに「変な丸いもの」を取ってほしいと訴える場面では、下絵でかみなりちゃんの顔の向きが修正されており、時間の幅を表現しようとしたことがうかがえる。他の場面でも試行錯誤の跡が見え、細かな描写と作品に対するかこさんの思いが伝わる。


 だるまちゃんとてんぐちゃんの複製原画や、作品の絵を元に作製されたうちわなども展示している。また、来場者に協力を求めて作った高さ約1・5メートルのオブジェも並ぶ。だるまちゃんの絵に真っ赤な紙の花飾りが貼られており、100人以上が参加した。


 かこさんのファンで初めて絵本館を訪れた大阪府東大阪市の池田夏美さん(39)は「かこ先生の作品は科学的で、子どもたちへの強いメッセージを感じる。下絵や原画をこの目で見ることができ、とても感動しました」と話していた。


 特別展示は11月12日まで。入場無料で開館は午前10時~午後6時。毎週火曜が休館、8月29~31日は臨時休館。

EVENT INFORMATION
会場かこさとしふるさと絵本館
住所越前市高瀬一丁目14番7号
日程 2017年7月21日(金) ~ 2017年11月12日(日)
時間10:00~18:00
お問い合わせ先かこさとしふるさと絵本館 0778-21-2019