会社のあゆみ
年月日 おもな出来事
1899 02/11 福井新聞社を創立
1899 08/28 「福井新聞」創刊号を発刊 10ページ特集・タブロイド判の付録つき
1929 07/10 夕刊を発刊
1941 02/11 国の指導などで福井新聞社とローカル新聞各社が合併、事実上唯一の郷土紙「福井新聞」となる
1945 04/01 新聞非常措置により、県内1紙(持ち分合同)となる
朝日新聞、中部日本新聞、毎日新聞を福井新聞題字下に併記
1945 07/19 空襲で本社を焼失。北国毎日新聞に代行印刷依頼。
1960 04/01 朝夕刊の完全セット販売実施
1963 11/12 福井市春山1丁目(当時大和町)に社屋が完成。
鉄筋コンクリート地下1階、地上5階、延べ6,822平方メートル
1967 01/01 新年号でグラビア印刷による初のカラー別刷り4ページ
1969 08/28 創刊70周年。発行部数130,409部
1971 10/15 連載企画「あしたの人間―ぼくらは主役」で日本新聞協会賞受賞
1973 12/28 石油ショックのため夕刊を休刊
1976 11/20 福井新聞縮刷版を発行
1977 06/12 オフセット印刷による初のカラー日曜版4ページを発行
1978 10/08 第1回福井マラソン開催。発行131,081部、県内普及率63.1%
1980 08/03 福井広告賞を制定
1984 03/01 紙面に拡大文字を採用
1984 08/28 創刊85周年。15万部超え、県内普及率70.32%に
1985 05/24 紙齢30,000号特集発行
1991 05/01 記者のワープロ入力スタート
1996 04/03 世界体操鯖江大会報道でミズノ・スポーツライター賞受賞
1999 01/01 発行部数20万部を達成、県内普及率81%に。社是を見直し新基本綱領を制定。新社章、新題字を使用
1999 02/11 創立100周年の記念式典
2000 05/29 福井市大和田町で新社屋起工
2001 10/31 新社屋完成
2002 03/01 新社屋で全面業務開始
2003 9月~ 交流ひろば「風の森in」(臨時編集局)スタート。県内各地でのイベントに合わせ特別紙面を展開。
2006 08/01 「ニュースに人柄」キャンペーン開始
2006 10/01 企画・編集・制作会社「メディアプラス風丸」を設立
2008 03/29 福井新聞まんなかプラザ開設。読者との新たな交流拠点として福井駅前に
2008 04/01 「福井新聞文化センター 風の森倶楽部」を本社2階にオープン。 健康、文化、教養など101講座でスタート
2009 創刊110周年「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクトがスタート
2014 9月 「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクトが日本新聞協会 新聞協会賞(経営・業務部門受賞)


TOP