文化9(1812)年に6代鯖江藩主となる。江戸城の外桜田門の番職を務め、江戸藩邸に「惜陰堂」を創立する。また、鯖江中小路に藩校「進徳館」を創設して藩士の教育に尽力した。