文久2(1862)年に家督を相続し鯖江藩8代藩主となる。読書、書画をたしなみ「待月亭間筆」などの著書を多数残した。号は松斎。藩主に就任してわずか1年で死去した。

関連記事
あわせて読みたい