あわら市二面、温泉街の一角に残る明治期の政治家、杉田定一の別荘。三国支線の開通に恩を感じた旅館関係者が寄贈したという。1928年発刊の伝記に別荘で過ごした様子が記されている。