松尾芭蕉の「山路来て何やらゆかし すみれ草」の句碑。明治期に芦原温泉街が発展した後、明治26年、芭蕉を慕う地元の俳諧グループが舟津の薬師堂前に建立した石碑。あわら市の舟津公園内にある。