鯖江藩7代藩主間部詮勝(あきかつ)の作で、弘化3(1846)年に菩提寺の萬慶寺に寄付された。天井に張り付けられた水墨画は、風神、龍神、雷神が抜群の構図で描かれている。

関連記事
あわせて読みたい