「みくにのまひと」と呼び、人名ではなく一族を指す。奈良時代には坂井郡の有力な豪族と思われる。「新撰姓氏録」によると、継体天皇の皇子、椀子(まりこ)を祖とした一族。

関連記事
あわせて読みたい