坂井市春江町西長田の長田神社境内にある池。継体天皇が若き日、この地の長(おさ)の1人道麻呂の娘、琵琶女此との間に女児が生まれた際に、この池の水を産湯に使ったという伝説が残っている。