越前市味真野地区の奥宮谷の東山と西山が交わる谷間の平地に、かつて堂谷寺があった。多くの僧兵を擁し栄えていたが、織田信長の焼き討ちによって滅びた。