越前市味真野地区の鞍谷には中世、轆轤師の集団が本拠地を構えていた。越前国をはじめ東北地方の会津あたりまで勢力を伸ばし、轆轤による木製品を生産していた。