旧名田庄村(現・おおい町)挙原集落の西にある。人頭大の自然石を積み上げた約2.5メートル四方、高さ約1メートルの石積遺構。中央に五輪塔がある。遺構の年代や性格は不明。いつのころからか春秋2回、皇子塚講が行われている。

関連記事
あわせて読みたい