旧上中町(現・若狭町)脇袋(わきぶくろ)集落の西、水田の中にある5世紀中ごろの前方後円墳。国指定の史跡になっている。大正5年に当時の宮内省が発掘調査、出土品は宮内庁の所蔵になっている。現状は前後の一部が残るだけ。