若狭町脇袋の水田にある。全長約80メートル、後円直径約50メートル。若狭地方最大の5世紀の前方後円墳で原形をよく残している。墳丘は3段になっており周囲に埴輪が認められる。国指定史跡。

関連記事
あわせて読みたい