若狭町日笠の通称下船塚にある。5世紀ごろの前方後円墳。2段築造の墳丘を持ち全長80メートル、後円部の直径約40メートル。副葬品や内部施設は不明だが、周濠(しゅうごう)や埴輪(はにわ)などが認められる。国指定史跡。