南北朝時代に鐘が打ち寄せられた。神のお告げで、この鐘は雌鐘なので男即佐枝治神社に納めた。この縁で下蝓蜊(ゆり)だった村名を鐘寄村に、上蝓蜊を中津海と改称した。高浜町鐘寄。